自賠責保険には絶対加入しないといけないの?

2014.9.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車やバイクなどを運転する際には、絶対に自賠責保険に加入して、『自賠責保険証明書』を所持していなければなりません。これは法律(自動車損害賠償保障法)によって定められていることで、違反すると罰則があります。
無保険車両を運転した場合は、自動車損害賠償保障法違反でいわゆる赤キップが切られ、『一年以下の懲役または50万円以下の罰金』という刑事罰が課せられます。同時に道路交通法違反ともなり、交通違反点数6点が減点されて免停となってしまいます。『自賠責保険証明書』を所持しないで運転しただけでも『30万円以下の罰金』というかなり重い罰則が適用されるのは、それだけ運転者が果たすべき重要な義務であり責任だということです。自動車やバイクを運転する際には、必ず自賠責保険の状態と、『自賠責保険証明書』の有無をチェックしてください。
車検がある車やバイクの場合は、車検期間と自賠責保険の期間が同じになっていますか?(自賠責保険だけ1年満期になっていませんか?)車検の無い250cc以下のバイク・原付は特に忘れやすいので、時々ナンバープレートのシールで満期日をチェックしましょう。取り扱い保険会社によっては、満期日が近くなったらメールやハガキで知らせてくれるサービスもありますから、心配ならば利用をお勧めします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。