対物補償の内容

2014.9.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a0002_004326自動車事故で、他人の車や物や財産に損害を与えた場合は、損害賠償責任を負った場合に備えて保険に加入しておく必要があります。
即ち自動車事故で加害者となった場合、直接的な損害の補償としては、被害にあった、1)車両、2)標識・ガードレール、3)家屋、4)商業用車両、5)商業施設ですが、間接的な損害への保障としては、1)被害にあった車両の休業補償、2)商業施設の休業補償、3)従業員の給与、4)廃棄した商品の補償など全てを負うことになりますので、莫大な費用を負う場合も考えられます。

被害者救済の為に自賠責保険の加入が強制加入とされていますが、物損に対しての補償は十分ではなく、任意保険に頼る必要があります。
この保険の対象となりますのは、広範囲にわたり車の修理費・建物の修理費だけでなく、ダメになった商品や被害にあった店舗の休業損害等に対しても補償されます。

幾らの補償であれば安心かは一概にはいえませんが、保険会社によりまちまちですが、事故は想定外に起きる者であり、退陣補償を無制限にされているように、対物保障も無制限を前提にされることをお勧めします。
但し、補償は他人の物が対象となりますので、契約者又は被保険者の方と家族に関しては対象外となります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。