補償されるもの

2014.9.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車に乗る人は、必ず自賠責保険に入っておく必要があります。これは強制保険というものでありますので、加入していないと何らかの積荷と割れてしまうからです。それに、自賠責保険に加入していることによって事故を起こした場合でも、自分自身、そして相手方の保証をしっかりと行ってもらえますので、かなり重要な保険であると言っても良いでしょう。

さて、その自賠責保険も補償されるものの範囲が決まっています。例えば、相手方の運転手については事故によって傷めた部分の治療費がまかなわれますので、自腹を切る必要は無いです。その補償額としては、上限で120万円とされており、その範囲内で治療費と慰謝料などが支払われるようになります。また、それは同情している運行供用者であったとしても同じで、十分な治療ができるまで補償を行ってくれるのがポイントです。

また、自賠責保険の補償が切れてしまった場合、もしくはその対象範囲から出てしまった場合は、自分達で加入している任意保険でカバーすることができます。任意保険になってしまうと、その額や対象範囲はまちまちになりますので事前知識が必要ですが、よほど大きな事故を起こさない限りは自賠責で十分でしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。